宇治上神社

概要

明治時代までは、隣接の宇治神社と二社一体で「離宮上社」と呼ばれていました。祭神は、応神天皇との皇子兎道稚郎子及び兄の仁徳天皇とされています。拝殿・本殿はそれぞれ国宝で、本殿は、現存するわが国最古の神社建築です。

ちょっとひとめぐり・平等院周辺の散策は

映像

歴史街道「宇治」