平城宮跡

概要

710年、中国の都・長安をモデルに、東西5.9キロ、南北4.8キロの広大な都が造られました。平城宮跡は、内裏や朝堂院の柱跡に木が植えられるなど史跡公園として整備され、朱雀門、大極殿、東院庭園などが復元されています。宮跡から西へ約700メートルのところにある平城宮跡資料館には、出土品のほか建物の模型、工事に使った道具などが展示されています。

ちょっとひとめぐり・平城宮跡周辺の散策は

映像

歴史街道「平城宮跡」